アッサンブラージュ カキモト ってどんなお店?行ってみた!

ひとことで

私たちは、京都市中京区の竹屋町通と寺町通りが交わるところにあるアッサンブラージュ カキモト ( ASSEMBLAGES KAKIMOTO )に行ってきました。その体験です。特別なスイーツ体験ができるすてきなお店でした。

京都市中京区の竹屋町通と寺町通りが交わるところにあるアッサンブラージュ カキモト ( ASSEMBLAGES KAKIMOTO )に行ってきました。その体験です。特別なスイーツ体験ができるすてきなお店でした。

スイーツの妖精れいは、妖精らしくときどき霊験あらたかな場所でスピリチュアルなパワーをもらう必要があります。
日頃はバイトでボロぞうきんのようになっているので、ここいらで命の洗濯といきましょうや。
世間はゴールデンウィークとやらでうわついとるんやで。

れい
れい

京都に行きたいんじゃ〜

うん。京都に行こうね。日本のパワースポットといえば、京都だね。

そんなこんなで、京都へ行ってきました。
そこは私たち、しっかりスイーツを頂いてきましたよ。

今回行ったのは、京都の寺町竹屋町にある
ASSEMBLAGES KAKIMOTO
です。

JRの大阪駅から新快速で京都駅に、そこから地下鉄で丸太町駅に行きます。京都の街は碁盤の目になっていて地下鉄は南北に走っています。丸太町駅は京都駅から真北の方になります。
丸太町駅を降りると、今度は歩いて真東に向かいます。15分ほど歩けば着くはず。JR大阪駅からは1時間くらいでこれます。

歩いたところに、、、あるはずなんだけど、、、、あれどこなんだろう?
あったあった。京都らしく景観を損なわないように街並みに溶け込んでいました。看板とかはないので、お店の前にくるまで気がつかなかった。いい雰囲気してます。
また、目立たないことから感じるお店の自信。期待が高まります。

さあ、お店に入りましょう。
お店に入ってみると、ケーキとチョコレートのショーケース、その上にはパンやチョコレートケーキ、反対側にはお菓子の棚がありました。どれも上質な感じが伝わってきます。

かけあし
かけあし

はっ!れいが、、、

れい
れい

(にやにや)

かけあし
かけあし

にやにやしっぱなしだ。

お店に入ってから、れいがにやにやしっぱなしです。あまりの期待感に気持ちが振り切れてしまったようです。気持ちは分かる。分かるぞ。

イートインには並んでいるお客さんがいます。むー。
お店の方に「店内ご利用ですか?」と声をかけて頂いたので、「はい」と答えました。
20分待ちだけど、それくらいいいよね?

れい
れい

(にやにや)

いいようです。

先にオーダーするようで、順番待ちしながらケーキを選びます。
店内で頂く専用のメニュー(皿盛りデザート)が4種類とショーケースのケーキから選べます。
いやいや。どれも食べてみたい。選べないよう。
待ち時間の20分なんて、選んでるうちに過ぎそう。

かけあし
かけあし

ケーキは何種類か頂きたい。

れい
れい

皿盛りデザートは外せない。

オーダーは以下にしました。

  • ル・ジャルダン(皿盛りデザート) 2,376円
  • アッサンブラージュa 734円
  • アッサンブラージュb 734円
  • モンブラン 702円
  • ルリジューズ 648円

飲み物はホットコーヒー(734円)にしました。アッサンブラージュはお店の名前にもなっていて、このお店のスペシャリテらしいです。

オーダーを決めてほどなく、イートインの順番がきました。
おや?ほうほう。そうかそうか。
席は10席のカウンターのみ。決まりごとではないようですが、ほぼ入れ替え制のような運用にしているようです。(他のお客さんが待っている時間帯は1時間だったか、1時間半だったか時間制限があるとのことでした。)
前の10名のお客さんが終わったら、次の10名のお客さんを案内するという形です。
これが特別な体験を演出しています。

間接照明で演出され、お酒がディスプレイされたカウンター。軽くBGMも流れています。窓の外にはきれいなお庭が見えます。私たちが入った時には、すでにおしぼりとお冷がセットされていました。

ステキだなと思ったのは、他のお客さんとの関係性です。私たちが入った時に、すでに食べ散らかしている他のお客さんはいない訳です。(言葉がわるくてすみません)
なぜなら、食べ終わったお客さんは入れ替わりで退席しているから。テーブルは清掃され、どの席もおしぼりとお冷がセットされているんです。
周りにいるのは、私たちと同じタイミングで席に付き、これから出てくるスイーツに期待を膨らませているお客さんだけ。
見ず知らずの他のお客さんとの一体感があるんですよ。こんなスイーツの体験は人生初です。

さらにさらに。4種類の皿盛りデザートだけは、僕たちが席についてから仕上げるんです。
ただでさえ期待でいっぱいなのに、目の前の作られていくデザートたち。
どんな風になるんだとうと目で楽しませてくれるんです。

あの大きなチョコレート色の玉は何だろう?

かけあし
かけあし

(にやにや)

れい
れい

(にやにや)

ああ。特別な体験に僕までにやにやが止まらない。

さらにさらにさらに。皿盛りデザートが提供されるときに仕上げの演出があります。写真や動画を撮ってありますが、こればかりはご自身の目で見ていただきたいのでお見せするのは控えます。

他のお客さんも、演出に感嘆。窓側の席から順に提供されるので、みんな一箇所を見ていて、ここでも一体感を感じます。

さあ、頂きましょう!

れいのオーダーしたル・ジャルダンは上にのっている大葉のアイスクリームがおいしい。青い香りとちょっとした苦さ、そして甘いと言う不思議。

ケーキの方はれいと分けあって頂きました。モンブランやルリジューズもおいしいのですが、スペシャリテのアッサンブラージュaとbには驚きました。
香り高いスイーツはこれまでも食べてきました。が、このケーキはクリームが層になっていて、それぞれの層の香り・味の組み合わせにびっくり。初めてです、こんなケーキ。
組み合わさることで、よりおいしくなる。それを狙ってやるというのは、すごい技術だなぁ。
ここでしか味わえないケーキでした。

各層が何のクリームでできているか、店員さんに質問したところ丁寧に教えていただきました。
このお店は、受付から中まで店員さんの接客がしっかりしていて、その点でもとてもよかったです。

かけあし
かけあし

特別な体験だったね。

れい
れい

うん。
おみや!

かけあし
かけあし

お、、、

れい
れい

おみやが必要。

お土産にチョコレートケーキとチョコレートを買って帰りました。
それくらい、余韻にひたりたかったんだね。

スイーツそれだけでもよかったけれど、サービス全体としてもとてもいいお店でした。
ネットの情報からは、オーナーさんはホテルの経験もあるようで、それだからかホテルのサービスに近いものも感じました。
スイーツだけでなく、ディナーもやっているようです。けっしてお安くはないですが、これに食事とお酒も楽しめるとなると、大人の特別な日の夜にはいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました