タルト・タタンを大阪で!

タルト・タタン【大阪】

私たちが体験した、大阪のお店のタルト・タタンの記事をまとめました。

この記事の内容は、私たちが訪れた当時のものになります。
これらの商品をお求めの方は、お店の方にお問い合わせください。

かけあし
かけあし

タルト・タタンは、、、

れい
れい

タルト・タタンは?

泣けます。

れい
れい

えっ?

ノスタルジーを感じるんですよ。

これからもタルト・タタンを見つけたら、食べてみるぞ!

これまで食べたタルト・タタンの記事です。
行ってみましょう。

杏のタルト・タタン

杏は、2021年6月6日(日) からカフェ営業を終了するとInstagramでアナウンスがありました。
また、2021年夏からテイクアウトも含めて全面休業するとのことです。

杏は、大阪市瓦屋町にある隠れ家的カフェです。
松屋町の近くと言った方が通りがいいでしょうか。

ここのタルト・タタンは、リンゴそのものを味わうという意味で、とても正統派です。

煮てゼリー状になった部分、そしてリンゴの繊維質を残した部分。
噛むとリンゴの繊維を歯に感じました。

これがとても心地よい。
とてもおいしいタルト・タタンでした。

パティスリー ブーケ のタルト・タタン

パティスリー ブーケは、南堀江のケーキ屋さんです。
事前予約すればカフェも利用できます。

まず、ここのタルト・タタンはトッピングがとてもかわいい。
ぽってりした生クリーム、ワンポイントの赤い実、そしてシナモンがのっています。

かわいいだけじゃなく、生クリームはうま味がたっぷりあります。

そして、シナモンの香り。

さらに、見た目では分からないパイ生地がパリッパリです。
私は、この生地がこのお店の最大の特徴だと思っています。

ポアール (POIRE) のタルト・タタン

ポアール は、大阪の老舗の洋菓子店です。
大阪にはいくつか店舗があります。

私たちは、北新地にある ポアール・ド・ジュネス 堂島 で、タルト・タタンを食べてみました。

こちらのタルト・タタンは、ゼリー状になったリンゴに、チョコレートの渋味、カラメルの苦味を組み合わせた構築的なケーキでした。

純粋にケーキとしておいしいものでしたよ。

かけあし
かけあし

タルト・タタンといっても色々だね。

れい
れい

また食べましょ。

また記事にしますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました