アシッドラシーヌ のケーキを食べてみました。【天満橋】

アシッドラシーヌ

私たちは、大阪の天満橋にある アシッドラシーヌ に行ってきました。ケーキの味を私なりに解説しています。酸味、渋味、苦味を使った正統派のケーキでしたよ。

れい
れい

かけあしー。

な。なんぞ?

れい
れい

ケーキ食べたい。

かけあし
かけあし

ケーキかぁ。


大阪でおいしいケーキとなると、、、どこにしようかな。

れい
れい

私、いいケーキ屋さん知ってるよ。

え?どこ?

れい
れい

アシッドラシーヌ!

アシッドラシーヌ とは?

アシッドラシーヌ は、大阪市の中央区にあるケーキ屋さんです。

大阪メトロ 谷町線の天満橋が最寄りの駅ですので、天満橋にあると思えばいいかと思います。

2013年にオープン。とても人気があるお店です。

カフェはありませんので、テイクアウトのみになります。

公式HPはこちら。

場所はこちらです。

アシッドラシーヌ
★★★★☆ · 洋菓子店 · 内平野町1丁目4−6

アクセスは、大阪メトロ 谷町線の天満橋駅からは徒歩で行けます。

行き方はこちら。

かけあし
かけあし

では、行ってみよう!

れい
れい

はーい!

アシッドラシーヌ に到着

大阪の天満橋は一見ビジネス街に見えたのですが、そうでもなさそう。

オフィスビルよりも、マンションが多い印象です。

人通りは少なく、、、

れい
れい

こっち、こっち!

かけあし
かけあし

待って〜

地図ではこの辺り。
ケーキ屋さんがあるようには、、、おおっ!?

行列ができているんだが。

かけあし
かけあし

ここか!

れい
れい

はい!

よし。着いた。

行列に並びましょう。

私たちがお店に着いたのは、12時半ごろ。

お客さんは女性の方が多いですが、スーツ姿の男性も。
たくさん買って帰るお客さんも多いですね。

きっと、アシッドラシーヌ のケーキを買って帰ると、家族や友達は喜ぶのでしょう。
スーツ姿の方はギフト用のお買い物かな。

とても人気のあるお店だということが伺えます。

大きな袋を持って出てくるお客さんを見ると、、、

かけあし
かけあし

ケーキが残っているか、ヒヤヒヤするな。

待つこと30分。
ようやく私たちの番がやってきました。

アシッドラシーヌ の中へ

いざ、店内へ。

かけあし
かけあし

おお。おいしそうなケーキ。

ふむふむ。

かけあし
かけあし

おや?

キャラメルを使ったケーキが多いですね。

  • サントノレ・キャラメル
  • ムラング シャンティ キャラメル
  • コンフィアンス
  • リュウール
  • シュプレーム

キャラメルが得意なお店なのかな。

となると、苦味が期待できますね。

この中から、ひとつ選びましょう。

れい
れい

チョコレート!

うん。チョコレートを使ったケーキも買いましょう。

他には、、、

焼き菓子もおいしそうだ。

ボンボンショコラやマカロン。

れい
れい

マカロン〜

焼き菓子の詰め合わせとタブレットのチョコレート。

かけあし
かけあし

。。。

れい
れい

どうしたの?

左のお菓子。
バトン ショコラ シトロン っていうのか。

レモンピールのお菓子なんだな。。。

かけあし
かけあし

食べてみたい。

気になるスイーツがいっぱいだ。

お値段

さて、買うものも決まりお会計です。

今回、私たちが購入した商品と料金はこちら。

  • ピエモンテ 580円
  • タルト マロン フランボワーズ 580円
  • ムラング シャンティ キャラメル 460円
  • フレジエ 600円
  • ラクテ 560円

上記の料金は税込です。

ほとんどのケーキが500円台。
ケーキ屋さんのケーキとしては一般的だと思います。

焼き菓子とバトン ショコラ シトロンも購入しましたが、そちらはまた別記事にて。

ケーキの味

さて、ケーキを食べてみましょうか。

まずは、ムラング シャンティ キャラメル から。

写真の右のケーキです。

かけあし
かけあし

おお。

ちゃんと苦い。
キャラメルの苦味があります。

柔らかく、もろいメレンゲ。
口溶けのいいクリーム。

ん?コリコリとしたナッツの食感。

メレンゲにナッツが仕込んであるのかな。
香りがします。

かけあし
かけあし

いいぞ!

次は、ピエモンテを。

写真の左。四角いチョコレートのケーキです。

かけあし
かけあし

ふむ。

クリームの旨味が強いです。
チョコレートはちゃんと渋い。

強い味です。
パンチのある味。

食感もいい。
このケーキは、上がムース、下がスポンジ生地になっています。

そして、表面のチョコレートにはナッツが入っています。

いろいろな食感。

れい
れい

おいしいです。

タルト マロン フランボワーズ はどうだろう?

かけあし
かけあし

うん。

ねっとりした栗のクリーム。
タルトの食感。

栗のクリームの後から、フランボワーズの味がきます。

かけあし
かけあし

なるほど。

フレジエは、右のショートケーキ。

こちらは、、、

かけあし
かけあし

おっと。

クリームの旨味はたっぷり。

でも、普通のショートケーキとはちょっと違うぞ。

中のイチゴはひと手間かけてあります。
洋酒に漬けてあるのかな?

酸味があるかな?と思って買ってみたけれど、酸味はそれほどでもない。

ですが、クリームの旨味があるシンプルなケーキ。

誰にでも食べやすいと思います。

最後にラクテ。

写真左のチョコレートのケーキです。

かけあし
かけあし

ぱくり。

うぉ!

れい
れい

わ!

口に入れた瞬間にほとばしる、チョコレートの渋味。

「渋味」は口の中の上の方、上顎に感じる味です。

渋味のあるチョコレートは上等のものだと思います。

これぞチョコレート。
チョコレートはこれでなくては。

そして、フランボワーズの酸味もあり。

とても強い味ですが、口溶けのいいクリームなので後味は悪くありません。

感想

私は、アシッドラシーヌ のケーキは正統派なものだと思いました。

れい
れい

正統派です。

ここで、正統派というのは五味を利用しているということです。

フードとスイーツの違い。
料理とお菓子の違い。

フードは体を養うもの。
好む、好まざるに関わらず食べなくてはいけないもの。

体を養うには、栄養が必要です。
旨味を感じる食べものをおいしいと感じるのはそのためでしょう。

一方、スイーツは精神をリフレッシュするもの。

酸味、渋味、苦味は、基本的には食べられないものを判別するための感覚。

しかし、酸味、渋味、苦味を利用しているのがスイーツ。
甘味と旨味を加えて全部で五味。

五味を利用するということは、スイーツの本質だと思います。

アシッドラシーヌ のケーキは、五味を利用したものでした。
そういう意味で、私は正統派だと思ったのです。

そして、その中でもアシッドラシーヌ は渋味と苦味が得意なのかな?と思いました。

チョコレートとキャラメルのケーキが多い印象です。
チョコレートは渋味、キャラメルは苦味。

逆にフレッシュフルーツを使ったケーキは少ないです。

お子様には、難しい味のケーキが多いのかもしれません。

大人が休日にリフレッシュするには、ぴったりだと思いました。

かけあし
かけあし

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それではまた、次のスイーツで。

れい
れい

ほな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました