なかたに亭 に再訪!ケーキを食べてみた!

なかたに亭 に再訪!
なかたに亭 に再訪!

前回、大阪 上本町にある なかたに亭 に行った私たちは、バレンタイン期間中でカフェの営業がないことを知り、持ち帰りをすることにしました。その体験談です。なかたに亭のケーキの味を再確認しましたよ。

バレンタイン期間中でカフェの営業がないことを知らず、なかたに亭 を訪れた経緯はこちら!

ボンボン・ショコラだけではなく、ケーキもお持ち帰りしましたよ。

お持ち帰りした商品とお値段はこちら!

  • ムラング・シャンティー 450円
  • タルト・オ・ショコラ 400円
  • モンブラン 580円
  • タルト・オ・フレイズ 600円
  • カライブ 550円

上記のお値段は税別です。

なかたに亭のケーキたち
なかたに亭 のケーキたち

右下のピンクの箱は前回の記事のボンボン・ショコラです。

では、さっそく食べてみましょう。

ムラング・シャンティー
ムラング・シャンティー

まずは、定番のスイーツから「ムラング・シャンティー」です。
焼いたメレンゲの生地に、生クリームを組み合わせたシンプルなケーキです。

前回、なかたに亭 に来たときは、あまり意識せずに選んだこのケーキ。
今回はあえて選んでいます。

かけあし
かけあし

あえてね。

れい
れい

あえて。

というのは、私はこのケーキに なかたに亭 の特徴がつまっていると思うんです。

というのは、生クリームがとびきりおいしいのでは?ということなんですよ。

では、いただきます。

かけあし
かけあし

ふむ。やはり。

生クリームがおいしい。口に入れると、ミルクのうまみが広がるのを感じます。
油っぽくはなく、すごく口溶けがいいです。

なのに、置いておいても生クリームとしての形はとどめていて、勝手に溶け出すようなことはない。

室温では溶けずに、体温ではさらっと溶けるんでしょうか。
そして、口のなかで溶けると濃厚なミルクのうまみ。

しかも、このケーキは生クリームはあまり甘くなく、焼いたメレンゲ生地の方に甘味がつけてあります。なので、甘さがおいしく感じるわけではないと思います。

かけあし
かけあし

不思議だなぁ。

おいしいです。
そしてこの生クリームのおいしさが、どのケーキにとってもおいしさのベースになっていると思います。

タルト・オ・ショコラ
タルト・オ・ショコラ

次は、こちらも定番のスイーツから、「タルト・オ・ショコラ」です。

口に入れた瞬間にプッと香るお菓子独特の香り。
これは、ミルクの香りなのではないかなと思います。

チョコレートの香りをたのしめます。チョコの渋味などはあまりなく、チョコレートとしての味は軽めです。

そして、やはり先ほどの生クリームとおなじように口溶けがよく、後味がいいです。
おいしい生クリームがこちらにも使われているのではないでしょうか。

モンブラン
モンブラン

次は、季節限定のスイーツから「モンブラン」です。

お。重めの味わい。栗のくせがあります。
他のお店ではあっさりしたモンブランもありますが、こちらは栗を感じます。

栗の渋皮も入っているのでしょうかね。
モンブランを食べるなら、これぐらい栗を感じたいところ。
おいしいです。

そしてやはり、後味がよいです。

タルト・オ・フレイズ
タルト・オ・フレイズ

次も、季節限定のスイーツから「タルト・オ・フレイズ」です。
苺のタルトですね。

苺にジャムが塗ってあります。苺ジャムと生の苺の味が重なって、こういうのもなかなかいいなと思いました。

れい
れい

フルーツおいしい。

そして、下のタルト生地がやはり後味がいいです。
油っぽくないです。

カライブ
カライブ

最後は、なかたに亭 の定番「カライブ」です。
公式HPでも、人気No1と紹介されています。

前回も食べたこのケーキ。もう一度、味ってみるとしましょう。

かけあし
かけあし

ほうほう。

味が濃く、ドスンとくるこのケーキ。
チョコレートの味は渋い系、やはりいいチョコレートをつかっているようです。

チョコレートが「渋い」とは?こちらで解説しています。

濃厚でねっとりした食感と強い甘味。そして、口の上のほうで感じる渋味。
チョコレートのケーキとして、とてもおいしい。

昨年、このケーキを食べてから、いろいろなお店でチョコレートのケーキを食べてきて、そして今回もう一度食べた感想は、、、、

ひとつのケーキとして、ドラマの演出はシンプルです。
チョコレートの味としては、他のお店ではもっと渋いものもありました。(渋くて食べにくいほどのものもあった)

この「カライブ」は、濃厚でほどよく渋いと思いました。

そして一番の特徴は、濃厚だけど口溶けがとてもいいことだと思います。
すっと溶けてくれます。

なので、濃厚なのにいやな感じがしないです。後味がとてもいい。

それはやはり、生クリームなどの乳製品の質の高さがベースにあるからだと思うんです。
口の中ですっと溶けてくれて、溶けたあとも油っぽくない。

私たちは、今回それを再確認できたと思います。

私は、なかたに亭 でケーキを買うときは「ムラング・シャンティー」をひとつ入れておくことをおすすめします。

かけあし
かけあし

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それではまた、次のツイーツで。

れい
れい

またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました