HUKULOU COFFEE ってどんなお店?行ってみた。

スポンサーリンク
ひとことで

今回は番外編で、猫カフェに行ったお話しです。私たちは、大阪の中崎町にある HUKULOU COFFEE – フクとマリモの猫カフェ – に行ってきました。その体験談です。
猫ちゃんとゆっくりあそべる、とてもいやされるお店でした。

スイーツの妖精れいは、妖精らしく動物が大好きです。
妖精なので、動物と会話ができるようです。
先日、小動物カフェに行った時も、フェレットに話しかけてました。

れい
れい

おお。お前は元気だなー。

うん。まあ、なんというか、日本語だね。僕にも分かってちょうどいいよ。

そんなこんなで、今回行った猫カフェは大阪市中崎町にある
HUKULOU COFFEE フクとマリモの猫カフェ
でした。

事前にホームページを見ていたのですが、猫だけではなくフクロウやカワウソ、フェレットなどいろいろな動物がいるようです。こ、こんなにいるの??

れい
れい

なんだか、難しそう。

かけあし
かけあし

僕にまかせて!

れい
れい

ど、どうするの?

かけあし
かけあし

行ったら分かるさ!

れい
れい

・・・

阪急の梅田駅から徒歩で向かいます。
茶屋町を通り、新御堂筋を超えて中崎町にはいりました。

おや、中崎町ってこんな街なんだ。
おしゃれな飲食店もあり、すいぶん古そうなマンションもあり。
人通りも結構多いね。

専門学校がいくつかあるからですかね?(れい)

スマホを頼りに目的のHUKULOU COFFEEはこの辺りのはず。

ありました!のぼりがあそこに。(れい)

HUKULOU COFFEEは3階建ての白い建物で、街の雰囲気に溶け込んでます。
入り口には呼び鈴を押してくださいと書いてあります。
うっかり扉を開けちゃうと猫ちゃんが外に出ちゃうようです。

呼び鈴を押すと、お店の方が扉を開けてくれました。
さて、最初にチケットを買うシステムのようですね。
コースが色々あります。どれにしようかな?

ここでのコースの選び方ですが、建物の中にいる放してある猫ちゃんと触れ合うだけなら基本の60分1500円(平日は1200円です)でいいようです。それ以外の動物もゲージに入っているので見ることはできるのですが、ゲージから出して触れ合うにはその分のチケットを買う必要があります。

猫ちゃんと触れ合っている分には店員さんもあまり手がかからないのですが、それ以外の動物は店員さんが出してあげないといけないので、その分料金がかかりますよーということかと思います。

今回は、猫ちゃんとの触れ合いコースにしました。

注意事項としては、猫ちゃんを触ってもいいのですが、だっこはダメみたいです。
猫ちゃんからひざに乗ってくるのはOKのようで。
なにか猫ちゃんの習性みたいなのがあるのでしょうかね?

さて、まずは1階を見ますよ。
おや、ワンコが寝ている。ウサギ、トカゲ、鳥さん。猫ちゃんは2階かな。

2階へ行ってみましょう。
おお。猫ちゃんがいっぱい。全部で7匹くらいかな。

かわいいなぁ。かわいいなぁ。
でも、寄ってきてはくれないんだね。ツンツンしてると余計にかわいく感じる。

あれれ。他のお客さんには寄っていくんだね。むー、どうして?
あれは、、、手に持っているのは、、、「ちゅ〜る」っていうのか。
それが欲しいのか、ちくしょー!

かけあし
かけあし

「ちゅ〜る」って猫ちゃんが大好きなおやつらしいです。
店内で買えるようです。

猫ちゃんには、こちらから絡んでいくスタイルで触れ合いつつ、癒されます。
猫飼ったことないから、実はどう接したらいいか分からないんですよね。
とりあえず、そっと撫でてみました。
上の3階からドタンバタン音がしますが、なんでしょう?
だれかコケたかな?

かわいいです〜(れい)
れいも楽しんでます。

れい
れい

れいの推し猫ちゃんはこの子です。
かわいい。

ひととおり、猫ちゃんと触れ合って、3階にも行ってみますか。

3階にも数匹の猫ちゃんがいました。
おや、この猫ちゃんはグルグル低い声出してる。どうしたのかな?
うは。舐めてくる。この猫ちゃんはデレデレだね。かわいいなぁ。

3階の奥からまたドタンバタンと音が。
カワウソ。お前だったのか。
力の有り余ったカワウソくんがゲージを揺さぶってた音でした。

そのあとは、 水道の蛇口に集まった猫ちゃんを眺めたりして、いい時間をすごしてお時間となりました。

かけあし
かけあし

猫ちゃんといっぱい触れ合えたね。

れい
れい

かわいかったです〜

かけあし
かけあし

フリードリンクの飲み物頂くの忘れてた。

れい
れい

ですね。
猫ちゃんに夢中でした。

かけあし
かけあし

そういえば、フクロウちゃんはいなかったな。
お休みだったのかな。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました